お知らせ

「まごころ」発「笑顔」行き

蔵の仕事はわくわくするもの。
薪を燃やすとパチパチとオレンジ色の火の粉が飛びます。
蒸籠から立ち上る湯気、蒸し米の熱と弾力を掌に感じる種付。
美味しくなあれ、いい糀になあれ。

麹室にあふれるやさしい甘い香り。
ほんのり色づく米の花たち。
手を入れながら語りかけます。
いい糀になあれ。もっと美味しくなあれ。

蔵の中のお味噌やお醤油たちは、生きています。
私たちとともに季節を重ね、元気に育っています。

私たちの原点は「大切な家族に食べさせたい美味しいもの」
だから、シンプル。だから、ていねい。
「うん、おいしい!」

まごころを込めて仕込んだお味噌とお醤油の
行きつく先は、お客様の幸せな食卓です。
今日もあたたかい笑顔の花が、開きますように。

三浦誠司、千代、友里江

ページのトップへ戻る