三浦醸造所

自然の恵みに感謝し、共に育て、作り味わうこと、
想いを伝えあうことを大切に。

企業理念

日本の誇る発酵文化を大切に守り次世代へ継承していくこと、安心安全で豊かな食を提供することを使命とし、原材料を栽培する自社農場の土づくりから製品の醸造・充填までを、信念と責任を持って行います。

沿革

嘉永年間
三浦家四代目当主・三浦村次と妻のヒサが、ねさし味噌と濃口しょうゆの醸造を開始
1984年
三浦誠司が五代目杜氏となる
1987年
100%国産大豆のねさし味噌の醸造を開始
1995年
100%国産大豆・100%自家栽培米の糀味噌の醸造を開始
2010年
杜氏のセルフビルドによる醤油醸造蔵が完成・約70年ぶりとなる醤油醸造を再開する
2015年
9月28日 株式会社三浦醸造所設立
2016年
2月23日「五代目杜氏のねさし味噌」と「一番搾り限定醤油・夢來」が『とくしま特選ブランド』に認定される
2017年
「一番搾り限定醤油・夢來」が明治神宮秋の大祭奉献品となる
ページのトップへ戻る